私たちは、静岡県西部地域(とおとうみ)から、
新たなエビデンスを発信すること、新薬開発に貢献することを目指しています。

TOP >  一般の方・患者の皆さま >  治験とは

治験とは

私たちは病気になったり怪我をすると「くすりなど」や機器を使って治療します。
「くすりなど」による治療や予防は20世紀後半から目覚しい進歩を遂げてきました。

 

しかし、全ての病気が制圧されたわけではありません。
今も健康や生活の質を脅かすさまざまな病気があり、それらに有効な新しい「くすりなど」を待ち望んでいる方が数多くおられます。

 

そのため、世界中で新しい「くすりなど」を開発する努力が続けられています。しかし、研究者や企業が人々の待ち望んでいる新しい「くすりの候補」を開発し、動物で効果や安全性が高いことが証明されても、それだけで人に使用するわけにはいきません。

 

人で試験をして、効果があるか(有効性)、副作用の問題はないか(安全性)などを確認しなければ、本当によい「くすりなど」かどうかを見極めることはできません。

 

人を対象としたこのような試験を「治験」といいます。

 

また実際に使用できるようになっても、のみあわせによる相乗効果など、よりよい効果を発揮できる使い方を研究することも必要です。

 

このような人を対象とした研究全般を臨床研究と言い、「くすりなど」の候補を一般に使えるように国に認めてもらうために行う試験を治験と言います。


To Page Top