臨床研究・治験の流れ

臨床研究・治験に参加するかどうかを、ご自身の意思によってお決めください。
臨床研究・治験への参加は、あなたの自由です。

くすり(くすりの候補)編

※医療機器の場合は「くすり」を「医療機器」に替えてお読みください。

診察~事前説明

臨床研究・治験の目的や方法・くすりの予想される有効性(効き目)と副作用(安全性)などが書かれた「同意説明文書」を用いて、担当医師やクリニカル・リサーチ・コーディネーター(CRC)等から詳しい説明を受けます。わからないことや不安なことは遠慮なく質問してください。

同意・署名

臨床研究・治験の内容を十分に理解・納得した上で、参加する意思が決まったら同意書に署名をします。 臨床研究・治験の参加を断ることもできます。

診察・検査(参加条件の確認)

臨床研究・治験への参加に同意した方は、その治験の参加条件に合うかどうか治験のための診察や検査を行います(参加条件は内容によって異なります)。
その結果によっては、臨床研究・治験への参加を希望しても参加できない場合もありますので、ご了承ください。

くすりの使用

臨床研究・治験の内容で定められた用法・用量を守って、一定期間くすりを使います。

診察・検査

臨床研究・治験参加中はさまざまな検査をして、病状の回復具合や体調の変化を詳しく調べます。そのため、臨床研究・治験によっては通常よりも来院回数が増えることがあります。
参加中小さな体調の変化でも何かあればすぐに担当医師やCRCにお知らせください。

臨床研究・治験をやめることは自由にできます

同意書に署名した後でも、いつでも臨床研究・治験をやめることができます。不安があったり、考えが変わって途中でやめたくなったら担当医師やCRCに相談してください。臨床研究・治験をやめても、あなたにとって一番良い方法で治療を続けていきますので、今後の治療に不利益を受けることはありません。